細胞・微生物
酵母・細菌・細胞・微生物などさまざまな粒子計測に活用できるワイドレンジで豊富な解析機能をもった分析装置をご紹介します。
総合カタログダウンロード

粒子計数分析装置 CDA-1000/1000B
広いダイナミックレンジで細胞,酵母,藻類,細菌などの計数と大きさ測定が可能

●測定対象は多種多彩
【血球、培養細胞、酵母、藻類、花粉、精子、細菌、古細菌 など】

●レンジ切り替え無しで測定可能!
ワイドなダイナミックレンジ 1:30(粒子径)を実現し、1つのアパチャーで細孔の2-60%まで測定可能。
粒子径測定ならレンジ切り替えなしで全範囲を一度に測定  100μmアパチャーの測定範囲:2-60μm 

●測定原理に電気的検知帯方式(ノンシース方式)を採用

●CDA-1000
パソコン(専用ソフト)との組み合わせで粒度分布の再解析,重ね合わせ,CSV出力機能など豊富な機能で試料分析をサポート
外付けプリンタに測定結果を印刷

●CDA-1000B
装置単体で測定 測定結果は感熱紙へ印刷

※測定原理やアプリケーションノート等の技術情報は会員ページでご覧下さい。

(会員登録が必要です) 

マイクロ流路チップを用いたセルソーター On-chip Sort
マイクロ流路チップを用いたフローサイトメーター On-chip Flow
ダメージフリー、コンタミネーションフリー、メンテナンスフリー!

  • 特長
  • 製品仕様

特長

  • ・マイクロ流路チップを使用するため装置内に流体回路がなく乾燥による固着等がありません。
  • ・シース液タンク・廃液タンク・ろ過フィルターが無くメンテナンス・フリーです。
  • ・空圧源は小さくてタンクもないため足元のスペースを確保できます。
  • ・測定ごとにチップを交換することで前後の試料が混ざることはありません。
  • ・測定試料ごとにシース液を変更できます。
  • ・滅菌済みチップを使えばコンタミフリーです。
  • ・ソーティングはチップ内で行いますのでコンタミフリーで回収できます。
【ダメージフリー】
一般的なソーターのように
液滴化後に荷電して振り分けるのではなく、
流れる試料をシース液ごと抜き取りますので、
細胞へのダメージを最小限度に抑えることができます。
  • ・立ち上げは電源を入れるだけ。
     チップ位置調整は自動です。
     タンク内容量,フィルター内気泡の確認作業はありません。
  • ・シャットダウンは電源を切るだけ。
     チップを取り除いて本体とパソコンの電源を切ります。
      流路の洗浄,タンクの廃液処理などの作業はありません。

製品仕様

On-chip Flow On-chip Sort
光学系と検出感度
レーザー 最大3本(405nm、488nm、561nm、637nm、785nm)
測定パラメーター 前方散乱光(FSC)、側方散乱光(SSC)、6PMT(10パラメーターまで)
サイズ検出感度 FSC < 0.5μm、 SSC < 1.0 μm
蛍光感度 < 200 MESF FITC
データ分析能 4 decades, 18 bit
パルス解析 Height、Area、Width
検出波長 FL1(445/20 nm)、FL2(543/22 nm)、FL3(591.5/43 nm)
FL4(607/24 nm)、FL5(676/37 nm)、FL6(>710 nm)
流路系統
フローセルチップ 交換型マイクロ流路チップ
チップ素材 アクリル樹脂(PMMA)
流路サイズ 80 μm × 50 μm 80 μm × 80 μm
流速(m/s) 500 ~ 2000 mm/sec 500 mm/sec
シースバッファー FBSを用いた培養液も利用可能
サンプル・ボリューム 10 ~ 300 μl 10 ~ 100 μl
シース・ボリューム 1 ~ 3 mL
解析とソーティング
ソーティング手法 マイクロ流路内Flow Shift方式
純度 > 95% (細胞濃度による)
収率 > 80%
細胞ダメージ なし(解析後サンプル回収可能) なし
コンタミネーションフリー コンタミネーションなし チップ交換により全流路交換
無菌・バイオハザード対応 あり あり
送液圧力 0.3-3PSI 0.3PSI
解析速度 4,000 events/sec
分取速度 100 targets/sec
操作開始までの時間 1 ~ 2分 5分
シャットダウン 10秒(クリーニング不要)
安全性
エアロゾルの発生 なし
サイズと重量
サイズ(W×H×D、mm) 620 × 330 × 390 620 × 330 × 390
重量(kg) 35 kg 45 kg
制御PCと制御速度
PCとソフトウェア ノートパソコン
OS Windows 7、64 bit
データフォーマット Own format and FCS3.0
電源
消費電力 < 240 VA

※測定動画、測定例については会員ページ

マイクロ流路チップを用いた液滴(エマルジョン)作製装置
On-chip Droplet Generator
On-chipSortとの併用で広がる研究領域

●安定かつ均一な液滴(エマルジョン)を作製
独自のマイクロ流路チップを使用することで、安定かつ均一な液滴の作製が可能です。

●液滴に細胞や遺伝子を封入可能
サンプルに細胞や遺伝子を懸濁して液滴を作成すると液滴に細胞/遺伝子が封入され、同時に試薬の封入も可能です。

●容易な圧力制御により液滴のサイズを調整可能
サンプルやオイルにかかる圧力を制御することにより、作製する液滴のサイズが調整可能です。

●On-chip Droplet Generator とOn-chip Sort で拡がる研究領域
- 細胞・細胞構造体・菌体粒子等のカプセル化と目的細胞のソーティング
- cDNA/ペプチド/化合物ライブラリーのカプセル化及びスクリーニング
- ドロップレットデジタルPCRと目的の遺伝子の検出など(エマルジョン内PCR)

※本製品は株式会社オンチップ・バイオテクノロジーズの製品です。

1細胞分注器 On-chip SPiS (スパイス)
自動で確実に1ウェル1細胞を配置

単一細胞解析(シングルセル解析)は、細胞、細胞由来の遺伝子を集団ではなく個々に解析するため、高精度な解析結果を得ることができます。

分注ピペットが吸い上げた細胞懸濁液中の細胞数を画像解析により確認し、1個の時のみ分注し、0個や2個の時はリトライすることで細胞を1 個ずつ簡単・確実にマイクロプレートのウェルに分注することが可能です。

●濃度判定、自動希釈プログラムにより複雑な希釈計算することなく簡単に最適なサンプル濃度に調整

●ピペットチップ内の細胞をCCDカメラで認識し確実に1つの細胞をウェルに注入

●水、培養液、オイルなどバッファーの種類を選ばずお好みのバッファーで分注可能。細胞だけでなく細胞塊、粒子、エマルジョンを分注!


仕様等の詳細はこちら

※本製品は株式会社オンチップ・バイオテクノロジーズの製品です。

共焦点定量 イメージサイトメーター CQ1
高速3次元イメージングで細胞測定

●スフェロイド、コロニー、組織切片の測定を実現
・ニポウディスク共焦点により、低退色かつ細胞にやさしく高速3次元撮像
・最大4波長励起10色測定、位相差撮像にも対応
・細胞活性維持機能とタイムラプス測定機能
・画像から細胞解析に必要な特徴量を抽出・定量
・広視野かつタイリングで、大きなサンプルにも対応
・小核試験にも対応可能
●フローサイトメーター同様なデータ表示が可能
・画像から定量値,散布図などグラフを表示
・グラフと画像を行き来して、繰り返し解析可能
・プロトコルをテンプレートでガイド
・便利なオールインワン
●オープンプラットフォーム
・画像取得・定量の測定器としてシステム化
・各種ファイル形式(FCS/CSV/ICE)で出力し外部ソフトで解析可能 
・様々な培養容器に対応
●小型、暗室不要

仕様等の詳細はこちら

※本製品は横河電機株式会社の製品です。

製品に関するお問い合わせ
製品に関するご不明な点やお見積りなどお気軽にお問い合わせ下さい。
資料ダウンロード
製品の概要及び詳細なスペック等の資料をダウンロードできます。

PAGETOP

関連サービスリンク

  • フローサイトメーター
  • ProCube
  • リサーチ&インダストリー分野向け製品

Copyright © 2011 SYSMEX CORPORATION, All Rights Reserved.