凝固関連
コンパクトなセミオートタイプから、検体をセットするだけの全自動タイプまで、様々な商品をご紹介します。
総合カタログダウンロード

全自動血液凝固測定装置 CS-2400
血液凝固線溶検査の高速全自動化を実現しました。

●マルチウェーブ検出技術
最大180テスト/時間(PT)の高速処理を実現しました。

マルチウェーブ検出方式による4測定原理対応(凝固法、合成基質法、免疫比濁法、凝集法)のマルチ検出部を
10チャンネル有し、オーダー比率に影響を受けにくい測定が可能になりました。

●使いやすさを追求した操作性が検査業務の効率化をサポート
最大40種類の試薬をセットすることができ、全て内蔵バーコードリーダーによる自動読み取りが可能です。
試薬・標準品・コントロール血漿をランダムにセットしても、試薬名・ロット番号・使用期限などの情報を自動認識して表示します。
また、試薬の残量・残テスト数・設置時間などを試薬管理画面で簡単に確認することが出来ます。

測定原理 : 凝固法、 合成基質法、 免疫比濁法、 凝集法
測定項目 : ●PT(プロトロンビン時間) ●APTT(活性化部分トロンボプラスチン時間) ●Fbg(フィブリノーゲン)
●外因系凝固因子(II、V、VII、X) ●内因系凝固因子(VIII、IX、XI、XII) ●凝固第XIII因子 ●TTO(トロンボテスト)
●HpT(ヘパプラスチンテスト) ●AT-III、PLG、α2PI、PC ●FDP、 Dダイマー、 PIC ●VWF、FMC(フィブリンモノマー複合体)

全自動血液凝固測定装置 CA-600シリーズ
コンパクトな全自動 カラーLCDタッチパネルを採用しCAシリーズがさらに使いやすくなりました。

●コンパクトな全自動装置
血液凝固検査に必要な機能をコンパクトに凝集した世界最小クラスの装置です。
●フレンドリーなインターフェイス
カラーLCDタッチパネルを採用し、見やすく簡単に操作していただけます。
検体番号や採血管に貼られたバーコードラベル※1から、ホストコンピュータに測定項目をリアルタイムに問い合わせることが可能です。
※1:CA-620はオプションのIDバーコードリーダが必要です。
●測定項目
PT、APTT、Fbg、TTO、HpT、因子定量、ATⅢ*、APL*、Plg*、PC*、Dダイマー*、FDP*など14項目の設定を入力できます。
14項目の中から、5項目をランダムに指定し測定することができます。
*CA-650で可能

      凝固法 合成基質法 免疫比濁法
CA-620   ○      ×     ×
CA-650   ○      ○    ○

●全自動測定
1時間で約60テストの処理が可能です(PT単独測定時)。
シリンジ方式のピペットで試薬を無駄なく使用できます。緊急検体の割り込み測定が可能です。
試薬ホルダ10孔のうち、4孔に試薬冷却機能を装備しています。
測定に用いた使用済みのサンプルチューブは自動的に廃棄します。
600検体のデータ(最大3,000テスト)、100件のエラーログを記憶できます。
内蔵サーマルグラフィックプリンタで検体番号、反応曲線を含む測定データを検体ごとに印字します。
ご利用状況にあわせて洗浄液、排液ボトルの容量を選択できます(標準:5L、オプション:2L)。

製品に関するお問い合わせ
製品に関するご不明な点やお見積りなどお気軽にお問い合わせ下さい。
資料ダウンロード
製品の概要及び詳細なスペック等の資料をダウンロードできます。

PAGETOP

関連サービスリンク

  • フローサイトメーター
  • ProCube
  • リサーチ&インダストリー分野向け製品

Copyright © 2011 SYSMEX CORPORATION, All Rights Reserved.