血球計数
実験動物の血球分析に役立つ機器をご紹介。CBCから白血球分類そして網赤血球測定まで様々なラインナップがございます。
総合カタログダウンロード

【NEW】自動染色装置 そめるくん(LU1000)
簡単操作のコンパクト自動染色装置

●機能  
起動前に染色かごをセットするだけで、染色から洗浄、乾燥まで自動的に、 染色ムラの少ない美しい標本を効率よく作成できます。
●操作性
シンプル表示のタッチパネルモニターで簡単操作。また、染色パターンも自由に設定することができます。(1パターンに最大10ステップまで)
●コンパクトサイズ  
小型装置のため狭い場所にも設置できます。

その他、市販流通品の染色かご(ステインバスケット75001武藤化学(株)製)に対応。

仕様
●外形サイズ 
     422(W)×320(H)×316(D*)mm  *洗浄水給水タンク含まず
     422(W)×428(H)×445(D*)mm  *洗浄水給水タンク含む
●重量   14kg (装置本体)
4.5kg (洗浄水給水タンク)
●電源電圧 100-240VA±10% 240VA 50/60Hz
●動作環境 5-40℃
●処理能力 20枚/1バッチ
●運転パターン 3パターン(それぞれ最大10ステップまで)
●オプション 本体カラー変更 (ピンク、ブルー)

※本製品はライオンパワー株式会社の製品です

血球分析装置用動物対応ソフトウェア XN-V シリーズ
XN対応の動物実験対応ソフトウェア、新規項目の搭載により精度の高いデータを提供

XN専用の動物対応ソフトウェア

XN-Vシリーズは多項目自動血球分析装置XN-2000/1000から得られた情報を動物種ごとに最適のアルゴリズムで解析し
様々なデータを提供する解析ソフトウェアです。

対応動物種 : マウス,ラット,イヌ,サル,ウサギ,ブタ,モルモット,ウシ,スナネズミ,ネコ,ウマ

会員ページにご登録いただきますと装置の動作動画をご覧になれます。

多項目自動血球分析装置 XN-1000 / 2000
新たな測定チャンネル搭載でさらに精度向上

多項目自動血球分析装置 XN-1000/2000 (医療機器製造販売届出番号 28B2X10007000082)

●測定原理はフローサイトメトリー
●RBCチャンネルはシースフロー DC検出法
●HGBチャンネルはSLS-ヘモグロビン法(ノンシアン)
●体液モードを搭載
●有核赤血球測定を標準装備

■測定項目
WBC,RBC,HGB,HCT,MCV,MCH,MCHC,PLT,
RDW-SD,RDW-CV,PDW,MPV,P-LCR,PCT,PLT-I,NRBC#,NRBC%,
NEUT#,LYMPH#,MONO#,EO#,BASO#,
NEUT%,LYMPH%,MONO%,EO%,BASO%,
RET%,RET#,IRF,LFR,MFR,HFR,PLT-O,RET-He,PLT-F

【XN-2000】

■処理能力[全血モード]
CBC+DIFF+RET+PLT-F 94検体/時間
CBC+RET+PLT-F 94検体/時間
CBC+DIFF+PLT-F 136検体/時間
CBC+PLT-F 136検体/時間
CBC+DIFF+RET 166検体/時間
CBC+RET 166検体/時間
CBC+DIFF 200検体/時間
CBC 200検体/時間

■処理能力[低吸引モード]
CBC+DIFF+RET 166検体/時間

【XN-1000】

■処理能力[全血モード]
CBC+DIFF+RET+PLT-F 47検体/時間
CBC+RET+PLT-F 47検体/時間
CBC+DIFF+PLT-F 68検体/時間
CBC+PLT-F 68検体/時間
CBC+DIFF+RET 83検体/時間
CBC+RET 83検体/時間
CBC+DIFF 100検体/時間
CBC 100検体/時間

■処理能力[低吸引モード]
CBC+DIFF+RET 83検体/時間

【XN-1000/2000共通】

■吸引量
[全血モード] : 88μL
[低吸引モード]: 50μL
[希釈モード]: 70μL(7倍希釈後試料の吸引量)

■記憶検体数 記憶検体数 30,000検体

■レーザークラス クラスI (IEC60825-1)

会員ページにご登録いただきますと装置の動作動画をご覧になれます。


XN-Vシリーズ

血球分析装置用動物対応ソフトウェア XT-2000iV/1800iV
XT-2000i/1800iに搭載して実験動物の血液・血球分析に高精度な解析データを提供

実験動物を用いたご研究、企業における開発や評価試験で行われる血液測定のニーズに対応し、
研究・評価の効率化、データ信頼性の向上に役立ちます。

XT-2000iV/1800iVは、多項目自動血球分析装置XT-2000i/1800iから得られた情報を動物種ごとに最適のアルゴリズムで解析し
様々なデータを提供する解析ソフトウェアです。

対応動物種 : ラット,マウス,イヌ,サル,ウサギ,モルモット,ブタ

多項目自動血球分析装置 XT-2000i/1800i
独自の核酸染色技術とフローサイトメトリーによる血球分析

●蛍光フローサイトメトリーの採用により、白血球,網赤血球*を高精度に分析
●側方蛍光と側方散乱光によるスキャッタグラムから白血球を分画(リンパ球,単球,好中球,好酸球) 前方散乱光と側方散乱光から
  好塩基球,白血球数を算出
●各細胞集団は、スキャッタグラムの分布状況から独自のアルゴリズムにより、検体ごとに最適にゲーティングされます
●赤血球数,血小板数は、信頼性の高い電気抵抗式による測定
●ヘモグロビン測定はノンシアン(SLSヘモグロビン法)

測定項目 : WBC,RBC,HGB,HCT,MCV,MCH,MCHC,PLT,NEUT%,LYMPH%,MONO%,EO%,BASO%,NEUT#,LYMPH#,MONO#,
        EO#,BASO#,RET#*,RET%*
解析項目 : RDW-SD,RDW-CV,PDW,MPV,PCT,P-LCR
処理能力 : 80検体/時間
所要検体量 : マニュアルモード: 約85μL サンプラモード: 約150μL キャピラリーモード: 約85μL(全血5倍希釈試料を吸引)

※会員ページにご登録いただきますと装置の動作動画をご覧になれます。

研究用自動血球計算装置 ProCyte Dx リサーチ
コンパクトボディで、白血球5分類、網赤血球数を同時測定

●多項目を同時測定
白血球5分類+網赤血球+血球計数項目の同時測定

●手動解析機能を搭載
肺胞洗浄液(BALF)など血液以外の試料測定も可能

●幅広い実験動物に対応
マウス、ラット、ウサギ、サル、イヌ、ネコ、フェレット、モルモット、スナネズミ、ブタ、ミニブタ、ウシ、ウマ

●測定使用血液は微量
サンプル吸引量はわずか30μL

●5年間のロング保証
5年間の長期保証で対応します

●視覚的メニューで簡単操作
検体測定もメンテナンスも簡単なボタン操作

●主な仕様
・測定項目
  RBC, HCT, HGB, MCV, MCH, MCHC, RDW, %RETIC, RETIC, WBC, %NEU, %LYM,
  %MONO, %EOS, %BASO, NEU, LYM, MONO, EOS, BASO, PLT, MPV, PDW, PCT
  *動物種により異なる
・測定時間 約2分

●研究用消耗品
・試薬キット
・染色パック
・セルクリーン(洗浄液)

●精度管理用品
精度管理用コントロール血液

本製品は IDEXX Laboratories Inc.の製品です。

多項目自動血球計数装置 pocH-100iV Diff
専用試薬によるスピーディな白血球分画を可能にした動物用多項目自動血球計数装置

これまでにない小型血球計数装置でありながら、専用試薬を採用し、使いやすさと高いデータ精度を実現
※イヌ、ネコは3分画、ウシ、ウマは2分画

測定時間 : 約125秒(結果表示まで)
所要検体量 : 全血約15μL
記憶機能 : 測定データ:20検体(粒度分布図と精度管理データを含む)
表示方式 : カラーLCD画面
印字機能 : サーマルプリンター

骨髄像分類計数装置 LADIC-300
従来の骨髄像分類計数装置を大幅にグレードアップ  機能充実でさらに見やすく使いやすく。

● 全項目を一括表示で、データチェックが簡単
● 前回値データはもちろん、最大30回分の時系列データも表示可能
● この装置本体で、約60,000件の検体を記憶
● キー配列と項目表示は、お客様が自由に設定・変更可能
●機能
血液像分類入力 / 骨髄像分類入力 / ME比設定 / 血液像キー設定 /骨髄像キー設定 / 血液像項目登録 / 骨髄像項目登録 /
コメント登録

塗抹標本作製装置 SP-10
血液の塗抹から染色までの作業を自動化

●迅速化に応えるリアルタイム処理
塗抹方式は、ウェッジ方式を採用。塗抹から染色まで、検査用の標本を迅速に製作できます。手引きした標本も染色できます。.
●染色工程の変更が可能
染色/洗浄/乾燥を任意に設定することにより、単染色・二重染色のいずれにも対応。お望みの標本が製作できます。
●1検体につき最大2枚までの標本作製が可能
一度の吸引で、1~2枚の標本作製枚数を指定できます。
●スライドガラスの使い分けが可能
フロスト部の色の違う2種類のスライドガラスを使い分けることができます。識別に有用です。
●検体番号や氏名などの識別文字を印字
標本のフロスト部に、日付や検体番号などを印字。数字・アルファベット・カタカナ・記号で最大15桁×3行まで印字することができます。

仕様
●処理能力 最大120検体/時間(前工程の時間、オーダー率により変動します)

●吸引血液量 サンプラモード :200µl
       マニュアルモード(クローズド試験管):200µl
       マニュアルモード(微量血用試験管) :60µl

●必要血液量 サンプラモード :0.6~5ml(直径12㎜の試験管)
               :0.8~7ml(直径15㎜の試験管)
       マニュアルモード(クローズド試験管):0.6~5ml(直径12㎜の試験管)
                         :0.8~7ml(直径15㎜の試験管)
       マニュアルモード(微量血用試験管) :300µl(指定試験管)

※会員ページにご登録いただきますと装置の動作動画をご覧になれます。

卓上型遠心塗抹装置 とまつくん (LT1000)
均一な血液塗抹標本を作成

 ●手早く、簡単に
  従来のウェッジ法では熟練した技術が必要でした。
  とまつくんは、個人差無く、簡単に血液塗抹標本を作製することが出来ます。
 ●安全性
  血液飛散による2次感染防止のため、標本取り出し部は陰圧設計にしました。
 ●操作性
  卓上型でレイアウトは自由、操作ボタンひとつで誰でも簡単に操作できます。

 仕様
 ●外形サイズ 200(W)×251(H)×403(D)㎜ 
  ※H寸法はフタを閉じた状態です。
 ●重量 12kg
 ●電源電圧 100 - 300VA 50 - 60Hz
 ●動作環境 15 - 32℃、30 - 85%RH
 ●テーブル回転速度 4700rpm
 ●回転時間設定 0.1 - 9.9S(0.1S毎に設定可能)
 ●オプション品 フットスイッチ、本体カラー変更

 本製品はライオンパワー株式会社の製品です。

製品に関するお問い合わせ
製品に関するご不明な点やお見積りなどお気軽にお問い合わせ下さい。
資料ダウンロード
製品の概要及び詳細なスペック等の資料をダウンロードできます。

PAGETOP

関連サービスリンク

  • フローサイトメーター
  • ProCube
  • インダストリアル

Copyright © 2011 SYSMEX CORPORATION, All Rights Reserved.